【東洋医学】カラダの経絡・ツボを知って健康生活 自分でできる「即効」ツボのつぼ

東洋医学をベースにした「生命エネルギーの流れ」である経絡(けいらく)・ツボを知り、自分自身の手でつぼ刺激を行いやすくするため、各症状別に図解入りでツボの位置を掲載しました。


世の中に「健康法」は多数あります。

しかし、それぞれに得意分野・苦手分野があることは、
みなさん、よくご存知のことと思います。

それぞれの健康法には、一長一短があり、
ひとつだけで決してすべてがうまくいくということはあり得ません。


「治療」に重点をおいた場合は、外部療法がよいと思いますし、
「予防」に重点をおいた場合は、「食」を中心とした内部療法が優れています。



先人の残した数多くの健康法は、どれもすばらしい良さを持っています。

それらの健康法を、より早く、より効果的に行えるよう、
予防・治療が自分で出来る療法を確立すべきです。

ここでは、症状に応じた経絡・ツボ療法をご紹介いたします。
みなさんの健康生活にお役に立てれば幸いです。






経絡とは

【経絡】六蔵六腑を貫く“生命エネルギー”の流れ・経絡 1

左右12本の“生命エネルギー”の流れ


経絡は、手の先・足の先からそれぞれ出発点・終着点となって、12の器官を走っています。

12の器官とは、六蔵六腑です

六蔵
?肺臓
?心臓
?脾臓
?肝臓
?腎臓
?心包(心臓を包む膜)

六腑
?大腸
?小腸
?胃
?胆のう
?膀胱
?三焦


?の「三焦」は、独立した器官はありませんが、ホルモンの系統で体温の調節に作用すると言われ、治療上大事な本線であることから、東洋医学では特別に加えられています。


この六蔵六腑は、人間が生きるための大切な器官で、少しでも異常があると、頭皮のフケ、抜け毛、シビレ、こりや痛み、体の疲れとなってあらわれます。






人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner

【経絡】六蔵六腑を貫く“生命エネルギー”の流れ・経絡 2

六蔵六腑と経絡


人間の体には、六蔵六腑を養うため、頭のてっぺんから手足の先までエネルギーの循環線が流れています。


この循環線を東洋医学では「経絡(けいらく)」と呼んでいます。


この経絡をエネルギーが正常に流れていれば、いわば「健康」であるわけです。



そしてツボ(経穴)というは経絡上に点在するもので、体に異常があればすぐにツボにあらわれ、圧痛やコリ、くぼみなどの反射現象がおきます。


エネルギー(気)の出入り口がツボであり、ツボが塞がってしまうとエネルギーが流れなくなってしまいます。
「気が塞ぐ」と言ったりしますが、それはツボが塞がっている状態でもあるわけですね。


経絡とツボの関係をわかりやすく例えていうと、経絡は電車の「線路」、ツボは「駅」のようなところです。


電車=エネルギー(気)
線路=経絡
駅=ツボ



つまり、気の流れを調整するところがツボであり、逆に、ツボを調べればどこが故障しているかわかるわけです。






人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ