【東洋医学】カラダの経絡・ツボを知って健康生活 自分でできる「即効」ツボのつぼ

東洋医学をベースにした「生命エネルギーの流れ」である経絡(けいらく)・ツボを知り、自分自身の手でつぼ刺激を行いやすくするため、各症状別に図解入りでツボの位置を掲載しました。


世の中に「健康法」は多数あります。

しかし、それぞれに得意分野・苦手分野があることは、
みなさん、よくご存知のことと思います。

それぞれの健康法には、一長一短があり、
ひとつだけで決してすべてがうまくいくということはあり得ません。


「治療」に重点をおいた場合は、外部療法がよいと思いますし、
「予防」に重点をおいた場合は、「食」を中心とした内部療法が優れています。



先人の残した数多くの健康法は、どれもすばらしい良さを持っています。

それらの健康法を、より早く、より効果的に行えるよう、
予防・治療が自分で出来る療法を確立すべきです。

ここでは、症状に応じた経絡・ツボ療法をご紹介いたします。
みなさんの健康生活にお役に立てれば幸いです。






のどの痛み

のどの痛み2

下痢
便秘
腸炎
腹痛
難聴
耳鳴り

などの症状には

「小腸経」のツボが効果的とされています。


■小腸経とは


空腸、回腸の活動を調整したり、支配している自律神経に深い関りをもつエネルギー循環ルート(経絡)です。


小腸経のツボ















‐沢(しょうたく)… 手小指の先、ツメの横あたり

後谿(ごけい)… 小指中手骨の前端、手を握ると突起ができるところ

O唸(わんこつ)… 小指の付け根から手首側に手のヘリをなでおろし、
           手首のひとつ手前の小さな突起の直前でくぼむところ

せ拈機覆靴擦ぁ法帖.劵犬伴蠎鵝幣指側)の中央あたり

ペ甲檗覆気鵑舛)… 眉毛の内側の端。指を当てると細い筋に触れるところ





■小腸経の症状

目の黄ばみ
耳鳴り
難聴
下痢
身熱
頭痛
汗が出やすい
首が腫れる
のどの痛み
へそ周辺の鈍痛
上腕からヒジ外側を経て小指(甲側)の先までの痛みやしびれ


上記の症状にお悩みの方は、
上図の各ツボに異常が現れているかどうか指で押してみて、圧痛の有無を確めたうえ、ツボを刺激してみてください。

あまり強く押さえすぎず、「気持ちの良い程度」に押さえるようにしてください。








お役に立てましたか?
人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner

のどの痛み




気管支ぜんそく、気管支炎、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、風邪、肺炎、咽頭痛、扁桃腺炎、蓄膿症などの症状には

「肺経」のツボが効果的といわれています。


■「肺経」とは

皮膚、鼻、のど、気管、肺などの活動を調節したり、支配している自律神経に深いかかわりをもつエネルギー循環ルート(経絡)です。


肺経のツボ










’挾繊覆呂い罅法帖‖荵斡残撚爾ら両外側へ指2本
          肩甲骨内側で、背骨(第3胸椎)の両側に位置します

欠盆(けつぼん)… 鎖骨のすぐ上のくぼみ

C翩棔覆舛紊Δ奸法帖‖莪賚彰崟誼羸より指6本外側鎖骨窩下指2本
           鎖骨の外側のくぼみから指2本分下がったところ

ぜ楝堯覆靴磴たく)… 肘の内側の曲目の真ん中を通っている筋の親指側

ス最(こうさい)… 腕の内側の親指側、肘の線から指4本分下がったところ
           せきを抑えるのに最も効果のあるツボといわれています

ξ鷏隋覆譴辰韻帖法帖‖折次覆燭い┐鵝砲了悖暇楙

太渕(たいえん)… 手首内側横シワ外側のくぼみ

┥商(しょうしょう)…親指ツメの内側横



■肺経の症状

咳や痰がでる
痰がからんで切れない
鼻がつまったり鼻水がでる
のどの痛み
扁桃腺が腫れる
湿疹や皮膚炎でかゆい
肩こりや上腕前側から肘部を経て、指先にかけ親指までの痛みやしびれ




上記に記した「気管支炎」「ぜんそく」などの症状にお悩みの方は、これらの経絡上のツボに異常が現れているか指で押してみて、圧痛の有無を確めたうえ、ツボを刺激してみてください。
あまり強くさえすぎず、「気持ちの良い程度」に押さえるようにしてください。





お役に立てましたか?
人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ