胃炎、胃潰瘍、胃下垂、胃アトニー、神経性胃炎、消化不良、食欲不振、口内炎、腰痛などの症状には

「胃経」のツボが効果的とされています。


■胃経とは


噴門から幽門に至る胃に関連する活動を調整したり、支配している自律神経に深い関りをもつエネルギー循環ルート(経絡)です。


胃経のツボ
















‐亀磧覆靴腓Δゅう)… 目窩下縁中央

天枢(てんすう)… へその両側、指2本分外側あたり

N袖屐覆蠅腓Δゅう)… ひざの皿外側から指2本分上がったところ

ぢ三里(あしさんり)… 向こうずねの外側、ひざの下から指3本のところ

ゾ徑曄覆靴腓Δ茲Α法帖‖茖押β茖鈎翅骨接合部の最も高いところ

厮次覆譴い澄法帖‖の人差し指先あたり


【胃下垂編】画像・絵図で解りやすく簡単に解消・緩和する治療方法をカイロプラクティック院長が伝授。


■胃経の症状

胃のもたれ
胃痛
胃けいれん
胃酸過多
顔面目浮腫
あくび
くちびるの渇き
くちびる端のただれ


上記の症状にお悩みの方は、
上図大腸経の各ツボに異常が現れているかどうか指で押してみて、圧痛の有無を確めたうえ、ツボを刺激してみてください。

あまり強く押さえすぎず、「気持ちの良い程度」に押さえるようにしてください。






お役に立てましたか?
人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner