【東洋医学】カラダの経絡・ツボを知って健康生活 自分でできる「即効」ツボのつぼ

東洋医学をベースにした「生命エネルギーの流れ」である経絡(けいらく)・ツボを知り、自分自身の手でつぼ刺激を行いやすくするため、各症状別に図解入りでツボの位置を掲載しました。


世の中に「健康法」は多数あります。

しかし、それぞれに得意分野・苦手分野があることは、
みなさん、よくご存知のことと思います。

それぞれの健康法には、一長一短があり、
ひとつだけで決してすべてがうまくいくということはあり得ません。


「治療」に重点をおいた場合は、外部療法がよいと思いますし、
「予防」に重点をおいた場合は、「食」を中心とした内部療法が優れています。



先人の残した数多くの健康法は、どれもすばらしい良さを持っています。

それらの健康法を、より早く、より効果的に行えるよう、
予防・治療が自分で出来る療法を確立すべきです。

ここでは、症状に応じた経絡・ツボ療法をご紹介いたします。
みなさんの健康生活にお役に立てれば幸いです。






正経十二経絡とは

十二経脈(正経十二経絡)1

十二経脈の名称と循環

少し難しいかもしれませんが、まずは「このような流れになっているんだ」ということを認識しておいていただけたら幸いです。進んでいくにつれてわかってくると思います。


〔十二経脈〕相互に接続して全身を循環しています

太陰肺経  (手)
           ↓
陽明大腸経 (手)
  ↓
陽明胃経  (足)
  ↓
太陰脾経  (足)
  ↓
少陰心経  (手)
  ↓
太陽小腸経 (手)
  ↓
太陽膀胱経 (足)
  ↓
少陰腎経  (足)
  ↓
蕨陰心包経 (手)
  ↓
少陽三焦経 (手)
  ↓
少陽胆経  (足)
  ↓
蕨陰肝経  (手)
  ↓
(太陰肺経)
  ・
  ・
  ・





人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner

十二経脈(正経十二経絡)2

十二経脈の陽経と陰経

東洋医学では、カラダには「陽」と「陰」、ひらたくいうとオモテとウラがあるとされています。
その陽と陰の循環を記しておきます。

       太   手太陰肺経   →  手陽明大腸経   陽
                         ↓ 
       陰   足太陰脾経   ←  足陽明胃経    明

            ↓

       少   手少陰心経   →  手太陽小腸経   太
   陰                     ↓          陽
       陰   足少陰腎経   ←  足太陽膀胱経   陽

           ↓

       蕨   手蕨陰心包経  →  手少陽三焦経   少
                         ↓
       陰   足蕨陰肝経   ←  足少陽胆経    陽



するどい方ならおわかりですね。

     陽経は「腑」
     
     陰経は「臓」


に属しています。



●手経・・・手の甲側が「陽経」
      手のひら側が「陰経」

●足経・・・両足の外側が「陽経」
      両足の内側が「陰経」

●カラダ・・・背中側が「陽経」
       胸側が「陰経」






人気ブログランキングに参加しています
“ポチッ”とご協力いただけるとうれしいです
baner
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ